Halcyon Days...?
実際は、平穏無事とは程遠い時期のはず。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
うがぁ。                 
狭いっ!
狭っ苦しいったらありゃしない!!



中にいるときは狭いと思うのになぁ。

自分が狭いところに居てちっちゃいことに気付いたとき、
じゃぁ外に広がる空の世界に向かって出て行けるのかっていうと、
それとこれとは別の話で、
そんな勇気は持ってなかったりする。


何が変わったかって、
塗り込められた壁だったところが、
外が見通せる柵に変わっただけ。

それだけ。



   *  *  *  *  *



全く別のイメージとして、
自分が、地面からどっしりと生えた、
幹の太い木の様になりたいと思うことがある。

ちょっとやそっとじゃ変化しない。
足下で流れる時間は早くて忙しないけれど、
伸びた幹や枝葉からずうっと遠くを見ていて、
時の流れを大きくゆったり捉えることが出来る。
そんな存在に。



今の自分とは正反対かな。
そうなれれば楽かなとか思うのかねぇ。
最近たまに思う。

「あぁ、これがアイデンティティの危機ってことか」って。(笑)
: - : comments(1) : - : posted by たろう :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








なんかめっちゃわかる気がするな。

ある先生はアイデンティティの事を
『自他共に認める自分らしさ』
って言ってたけど、
ホンマその通りやんね。

ただ、そのギャップを埋めるのはなかなか難しいけれど…。
posted by ささみ : 2007/01/05 12:28 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>